フレッシュプロテインスムージーは簡単に解約できた!手順を紹介

バランスよく栄養を補い、健康や美肌に気を使いながら、無理なくダイエットができると「フレッシュプロテインスムージー」という商品が、置き換えダイエットとして今、話題になっています。

今回は、「ダイエットに成功したのでもう解約したい」「自分に合わなかったので解約したい」など、フレッシュプロテインスムージーのコース解約を検討しているという方のために、解約方法の手順をご説明いたします。

4ヶ月定期コースとは

フレッシュプロテインスムージーを購入するときは「4ヶ月定期コース」というお得な定期コースで購入することが出来ます。

「4ヶ月定期コース」は、下記のようなコースになっています。

4ヶ月定期コースの特徴

・通常価格9000円(税込)のところを、初回購入に限り、89%オフの特別価格980円(税込)で購入することが出来る。

・2回目以降も、ずっと40%オフの2袋5400円(税込)で購入することが出来る。

・初回からずっと、送料無料

・定期コース申し込み限定でシェイカーが付いてくる。

・2種類のフレーバー(グリーンスムージー・グリーンアップル味/レッドスムージー・ベリー味)から好きな組み合わせで選択することが出来る。

必須事項

・初回を含めて最低4回(4か月)以上のご継続が申し込みの条件になっている。

・4回目(4か月)商品受け取り完了後は、お客さんのペースに合わせて、いつでも周期変更、休止、再開などのお手続きが可能。

※次回発送の7日前までに電話で連絡をする必要がある。

・4ヶ月定期コースは、4回目のお受け取り時点での合計金額が17180円で、送料無料になっている。

※送料無料と記載がある商品でも、沖縄県は別途送料480円が追加される。

フレッシュプロテインスムージーの解約の条件

フレッシュプロテインスムージーの解約にあたっての必須条件ですが、先ほどご紹介した通り、まずは初回を含めて最低4回(4か月)以上は継続をする必要があります

つまり、合計金額17180円は必ず支払うことになり、そのあとの解約ということです。

4か月を超えてしまえば、好きなタイミング解約することができますので、あとは次回発送日の7日前までに電話をして解約のお申し込みをします。

この7日前を過ぎてしまうと、解約が1か月分はできなくなってしまうので、注意が必要です。

解約時に準備する物

解約時に準備するものは特にありません。ですが強いて言うのであれば、ハガキや封書、メールではできず、電話での解約のみとなりますので、電話の準備だけはしておきましょう。

解約に手順

解約する際の手順ですが下記の手順となります。

【4ヶ月経過を待つ】

先ほどもご説明した通り、解約をするには最低4回(4か月)以上は継続が必須条件となっていますので、4ヶ月が経過するまで待ちましょう。

【お客様センターに電話をする】

解約したいときは、必ず次回発送日の7日前までに、お客様センターに電話をします。7日を過ぎてしまい、希望の解約時期を逃してしまわないよう気を付けます。

※次回発送日がわからない場合には、商品到着時に同梱されている、お買い上げ明細書に日付が記載されていますので、そちらで確認をします。

解約の手順は、4ヶ月経過を待って、解約可能な時期が来たらお客様センターに電話を1本入れる、たったこれだけです。2ステップで完了するので、簡単でいいです。

また、実際に解約した人の情報だと、お客様センターの案内はとても丁寧で、無理に勧誘されたり、解約理由をしつこく聞かれるような心配も無いようですので、安心して解約することができます。

解約時に注意する事

手軽な方法で解約できるがゆえに、解約する際にはいくつか注意することもあります。

このようなネット商品は、解約をした際に一部返金が出来るシステムなどがありますが、フレッシュプロテインスムージーの場合は、解約をしても返金システムなどはありません。ですので、4ヶ月定期コースを申し込んで解約を希望された場合に、未使用分の返金は出来ないことに注意してください。

また、先ほどお伝えしている通り、解約時期を逃さないように注意が必要です。次回発送日の7日前までに連絡を入れないと、希望の解約時期に解約が出来なくなってしまい、自分が計画していた以上に購入する羽目になってしまいますので、解約可能な日程は入念にチェックをしておきます。

以上が、フレッシュプロテインスムージーの解約に関する手順や注意点となります。

ダイエットや食事のサポートとして、キレイを保ちながら痩せることができるフレッシュプロテインスムージーですが、「効果が発揮されてもう必要ないので解約したい」「体質的に合わない、効果がないので解約したい」など、様々な理由で解約したい方がいらっしゃると思います。

自分に無理なく、ベストなタイミングで解約ができるように、解約のための詳細や注意点を抑えておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする